利用者様の声

 川鶴グループ各施設の利用者様にお話を伺います。

利用者様の声 志木の里

北久保 純子 様

昔、商売していたから。

 笑顔がとてもかわいらしい北久保さん。
 ご病気で入院されリハビリを経て、2016年7月に志木の里に入所されました。
 現在も右半身の麻痺が残っていますが、普段の生活では朝起きたら自ら布団を畳むなど、身の回りのことはできるだけご自身でおこなっていらっしゃいます。

 食事の後などでお一人でいるときは、漢字の書き取り、クロスワードパズル、数独(ナンプレ)、算数(計算)ドリルなど様々な「脳トレ」をされています。
 以前、ご夫婦で20年間靴屋さんを営まれ、接客から仕入れ、帳簿付けまでこなされていたため、特に数字や計算は好きでお得意とのこと。
 元々は右利きで、麻痺のため現在は左手を使われていますが、漢字の書き取りなど右手で書いたものと変わらないぐらい上達されています。
 最近は地図を使って地名を覚えたりもされているようで、とっても好奇心が強く勉強好きなご様子が伺われます。
 記憶力も抜群で、親族の誕生日や命日などをほとんど覚えておられ、ご親戚にも頼られているとか。
 志木の里のフロア担当職員の誕生日まで覚えておられるそうですよ。

 とても社交的でもある北久保さん。
 同じフロアの入居者様をお部屋に招かれて女子会を開いたり、職員達ともとてもいい関係を築いておられ、志木の里での生活を楽しまれていらっしゃいます。
 また定期的に訪問マッサージを受けられるなど、普段から身体機能・日常生活動作の維持向上にも努力されていらっしゃいます。

ページ先頭へ

利用者様の声 ウィステリア鶴瀬

仲井 たえ 様(仮名)

あまり話す方じゃないけど…

 石川県出身。2~3年ほど前からウィステリアのデイサービスをご利用されています。
 いつもソファーで横になっている事が多い方ですが、レクが始まると起き上がり楽しんで参加している姿が見られます。
 今回インタビューのお話を依頼した次の日にお声掛けをしたら「ちゃんと覚えとるよ、聞かれたことに答えればいいんよね」と笑顔で応じて下さいました。
 「デイサービスは楽しいですか?」と声をかけると「そやな、あまり話す方じゃないけどみんながいるから楽しいね。体操も出来ることは参加しているよ。」と話していました。
 あまりお話ししない仲井さんですが、職員が声をかけると嬉しそうにしてくださいます。
 また、インタビュー前日にひなまつり行事があり、「昨日甘酒飲んだんよ、甘酒大好き!」と満面の笑みで話していました。
 我々職員も仲井さんの笑顔を見ると自然と笑顔になり、元気をもらっています。

ページ先頭へ

利用者様の声 あずさわの里

梓 里美 様(仮名)

ここでみんなといるのが楽しい。

職員:こんにちは、今日はよろしくお願いします。
梓 :よろしくお願いします。
職員:出身はどちらですか?
梓 :山口県
職員:山口県!遠いですね!
梓 :そうそう。昔の侍の弟子だったの。
職員:侍の弟子ですか。
梓 :後ろをくっついて歩いていただけだけどね。
職員:東京に来たのはいつごろですか?
梓 :学生のころからだね。男ばっかりで女が2人か3人くらいで。負けるもんか!ってやってたよ。英語の勉強をしていたの。
職員:「This is a pen!」って?
梓 :そうそうそう。(笑いながら)個人の塾で教えてたの。何年間か。それから皇室のほうの担当をやったね。お掃除したりね。それがもとで東京にいるようになったの。
職員:皇室とはどういう縁でつながったんですか?
梓 :叔母がやってたのよ。そのあとに入ったの。
職員:そうだったんですね。話は変わりますが、梓さま、ここでの生活はどうですか?
梓 :いいよ。とてもいい。悪いことはひとつもない。でも、ここも変わったね。
職員:人が、ですか?
梓 :そうそう。
職員:戸惑ったりしてませんか?
梓 :少しだけね。でも、少しずつ慣れてきたよ。
職員:ここでの生活で一番楽しいことはなんですか?
梓 :なーんにも考えてない。ここでみんなといるのが楽しい。
職員:皆様仲が良さそうにみえますね。
梓 :とってもいいよ。みんなでおしゃべりしたりね。
職員:ごはんはおいしいですか?
梓 :おいしいおいしい。とてもいいよ。
職員:それはよかったです。
梓 :私はもうおばあちゃまだけど……
職員:そんなことはないですよ。お姉さまですよ。ちなみにおいくつですか?
梓 :どうだろうねえ。80歳くらいかしら。
職員:お若くみえますよ。17、18歳くらいに見えますよ。
梓 :20歳くらいに見える?
職員:見えます!見えます!
梓 :あらあー、うれしい!がんばろ!(笑)
職員:美しさの秘訣はなんですか?
梓 :秘訣はあんまりないけど……あんまり顔はごしごし洗わない。
職員:そうなんですね。だからお肌がツヤツヤで。
梓 :石鹸も赤ちゃんが使うのを使うの。それで優しく洗ってあげるの。
職員:それが美しさの秘訣だったんですね。
梓 :石鹸は匂いの強いのはダメ。匂いのないやつを使うの。わかった?
職員:大変勉強になりました!では、梓さま、今回はどうもありがとうございました。
梓 :とーんでもない!こちらこそありがとうございました。

ページ先頭へ

利用者様の声 上野台ナーシングホーム

新井 きみ子 様

今ではすっかり人気者になっています。

 平成27年9月から上野台ナーシングホームのデイサービスに通われています。
 娘様夫婦と3人暮らしですが、平成26年6月頃、アルツハイマー型認知症と診断されました。
 身の回りのことはだいたい出来るようですが、徐々に物忘れや介助拒否等が多くなり、デイサービスを利用されることになりました。
 社交的ですぐに周りの方とも仲良くなり、今ではすっかり人気者になっています。
 下肢筋力の低下もあり、シルバーカー歩行にてフロア内を歩かれたり、リハビリの機械を使ったりと日々努力して筋力向上に努めています。
 また、入浴に関しても「気持ちいい、気持ちいい。」と喜ばれ、毎回楽しみにして下さっているようです。

ページ先頭へ

12345次へ進む