介護老人保健施設

富士見の里

  • 多床室
    多床室
  • 入所
    入所
  • ショートステイ
    ショートステイ
  • 通所
    通所
  • 居宅介護支援
    居宅介護支援

富士見の里は、埼玉県富士見市にある、多床室の介護老人保健施設です。

職員の声

職員の写真
介護職員
 入職して約3年半が経ちました。
 介護経験、知識が共にゼロの自分に仕事ができるのかと不安で入職しましたが、先輩職員や利用者様に支えられ、ここまでやってくる事が出来ました。
 月日が経つ中で、出来ることが少しずつ増え、利用者様と会話する中で「ありがとう」と笑顔で言われるととても嬉しく、仕事のやりがいを感じます。今では、この仕事を選んでよかったと思っています。
 今後の仕事の抱負では、「ありがとう」をもっと言ってもらえるよう頑張りたいと思います。

ページ先頭へ

利用者様の声

増田 文子 様

大好きな人達と 大好きな事が出来る 大好きな場所です

 笑顔がとても印象的な増田文子様(90歳)。平成24年より富士見の里のデイケアをご利用され、誰にでも気さくに話かけて下さる人気者です。自宅は有名な農家の御家で、デイでも顔見知りが大勢います。
 デイケアを利用されるきっかけは、自宅で転倒されて股関節頸部骨折をして入院。リハビリを頑張って退院されましたが、家に帰って来てからは「また転ぶのでは?」という不安と、畑仕事で酷使した膝の痛みの増強により、富士見の里ご利用となりました。
 デイを週3回ご利用され、午前中はリハビリに取り組まれ、午後はカゴ作りクラブに参加されています。

 膝に痛みが出てからは、外出をすることが難しくなってしまったそうです。「富士見の里のデイではお買い物ツアーやぶどう狩りなどの外出イベントがたくさんあるから、リハビリで膝の痛みが減って、さらに外に連れて行ってもらえるのが何より嬉しい」とお話されていました。膝の痛みを抱えているため長距離の歩行は難しいですが、職員との外出なら安心して出かけられるとツアーに参加されています。
 指先がとても器用でカゴ作りはもちろん、折り紙や貼り絵など様々な増田様の作品が施設内に飾られています。ご本人は「指先を動かすのもリハビリ。ボケ予防でやっているだけ」と話されますが、自分で作り方やデザインを考えつつ、どんどん新しい形のカゴを作っており、趣味の領域を超える腕前です。ひこ孫さんが喜ぶからと人気キャラクターも作っており、可愛らしい作品ばかりです。
 「富士見の里に来て、リハビリをして、周りの人とお話をして、趣味に取り組めるのが生きがいなの」と笑顔でお話しして下さいました。お話しの最後に100歳記念カゴを作る約束をしたので、10年後の新作を今から私も楽しみにしています。

ページ先頭へ

お問い合わせ

入所

TEL:049-275-8055 FAX:049-275-8066
担当:高橋、大野

ショートステイ

TEL:049-275-8055 FAX:049-275-8066
担当:高橋、大野

デイケア

TEL:049-275-8055 FAX:049-275-8066
担当:加藤、磯野

居宅介護支援

TEL:049-275-8077 FAX:049-275-8066
担当:足立