~理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による、専門的なリハビリテーションを実施しています。~

リハビリ

 各セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が個別に評価を実施し、リハビリテーションを施行しております。
 特に老健では、それぞれの疾患やニーズ(本人・家族)に沿ってケアプランを作成し、利用者様個別のリハビリメニューを提供させていただいております。
 ※施設によって、セラピストの配置が違います。詳しくは各施設にお問い合わせ下さい。

リハビリ

リハビリテーションとは

 リハビリ専門職、介護、看護を含め、個別リハビリ計画に基づき、リハビリを実施致します。単なる機能回復ではなく、利用者様1人1人に合わせたケアを通し、よりよい生活を送って頂くためのものです。

メドマー・ROM

 マッサージ効果が極めて高く、血行を改善し、疲労回復します。また足のむくみを改善します。
 セラピストがベッド、または座った状態で関節部を動かします。
 主に間接拘縮の予防や機能向上を目的に行います。

メドマーの様子
ROMの様子(ケアハイツ)

階段昇降訓練

 ご自宅などの日常生活を想定した訓練です。玄関の上り下りや階段の上り下りをスムーズにかつ転倒が起こらないようにするために行います。
 階段昇降を行うことで、筋力強化にもなります。

階段昇降訓練の様子
階段昇降訓練の様子(さくらの里)

滑車

 上肢に麻痺ある方、パーキンソン病の方、肩が上がらなくなってきた方を対象としています。持ち手をつかんで左右の手を交互に上げ下げします。
 自分で加減しながら肩関節を動かすことができ、腕が上がりやすくなります。
 また、パーキンソン病の方は体が固く、動きが小さくなりやすいので、滑車で大きくゆっくりとした運動を行って頂きます。

滑車の様子
滑車の様子(富士見の里)

MSE

 足におもりをつけて、上げ下げを行ったり、セラバンドをまいて足の運動を行います。
 重りは利用者様に合わせて負荷の程度を変えることが可能です。
 筋力強化を目的に行います。

MSEの様子
MSEの様子(ケアハイツ)

立位

 肋木等を使用して立ち上がりや立位保持練習をします。
 足の筋力トレーニングにもなります。

立位の様子
立位の様子(ケアハイツ)

ホットパック

 関節痛や筋肉痛、リウマチ等痛みを和らげます。
 血行を改善し、肩こりにも効果があります。

ホットパックの様子
ホットパックの様子(富士見の里)

ペグ・鉄ペグ

 手を使って積み木や鉄の棒を穴に戻して頂きます。
 主に脳梗塞など、細かい動作が困難な方を対象とします。

鉄ペグの様子
鉄ペグの様子(ケアハイツ)

ペグの様子
ペグの様子(富士見の里)

ワイピング

 脳梗塞、脳出血などにより上肢に麻痺のある方を対象としています。
 麻痺した手の上に動く方の手をのせ、上下左右に布を滑らせる動作を行います。
 掌から感覚が入り、指や肘が伸ばしやすくなります。上肢の機能の回復を目的としています。

ワイピングの様子
ワイピングの様子(ケアハイツ)

豆写し

 手に軽い麻痺のある方に行って頂いています。スプーンで豆をすくい、隣のお皿に移します。
 細かい動作、食事動作の練習として行います。

豆写しの様子
豆写しの様子(ケアハイツ)

洗濯バサミ

 棒についている洗濯バサミを外したり付けたりします。5色あり、色が暗くなるほどハサミの固さが増し、より強い力を要します。
 指の力や腕を上げてそのまま保持する力を必要とします。
 主に上肢の機能向上を目的に行いますが、単純に指の力を維持、向上を図るものとして行う場合もあります。

洗濯バサミの様子
洗濯バサミの様子(ケアハイツ)

平行棒

 歩行訓練の他、姿勢の矯正や手術後の筋力強化の為に行います。
 車椅子の方が、まず立ち上がりや筋力強化・関節の動きを良くする訓練を行った後、平行棒での歩行練習を行います。その後、歩行器、シルバーカー、杖歩行等になることを目標にします。

平行棒の様子
平行棒の様子(富士見の里)

集団リハビリ

 椅子に座った状態で、ストレッチや筋力トレーニングを行います。時折、棒などの道具を使用することもあります。
 機能・健康維持や拘縮予防等を目的に、集団で楽しみながら行います。

集団リハビリの様子
集団リハビリの様子(富士見の里)

ページ先頭へ

パワリハ

パワーリハビリテーションとは?

 老化や器質的障害によって現れる、歩くのが遅くなった、身動きがぎこちない、転びやすくなったなどの動作性の低下を改善し、行動全体が活発になる事を目指します。
 日常生活が活発になる事で、体力が向上し活動的な生活を作りだす事が出来ます。
 このように、身体・精神両面において活動性の向上を図る事ができる新しいリハビリテーションです。

レッグプレス

 下肢のトレーニング
 足、膝、股関節の筋肉を向上させます。
 目的:
 椅子からの立ち上がり動作をスムーズにします。
 リクライニングされた椅子に座りフットプレートに足の裏を置きます、ゆっくりと両膝を伸ばします。これを繰り返します。

レッグプレスの様子
レッグプレスの様子(ケアハイツ)

ローイング

 上肢のトレーニング
 肩甲骨周囲の筋力を向上させ、姿勢を改善します。
 目的:
 姿勢を改善し、肩甲骨がしっかり寄った姿勢は歩きやすさにも繋がります。

ローイングの様子
ローイングの様子(ケアハイツ)

チェストプレス

 上肢のトレーニング
 胸、肩、上腕の筋肉を向上させます。
 目的:
 肘、肩、胸部の可動性、身体を支える動作の改善をします。

チェストプレスの様子
チェストプレスの様子(富士見の里)

エルゴメーター

 下肢のトレーニング
 有酸素運動、大腰筋のトレーニング。
 目的:
 体力向上、体重コントロール、心臓・呼吸のリハビリに行います。
 体重が膝・腰にかからないので、故障のリスクが少ないです。

エルゴメーターの様子
エルゴメーターの様子(富士見の里)

バイオステップ

 各疾患に合わせたリハビリテーションが安全で効果的に行えます。

  1. 脳血管疾患の方は、健康な側だけでの運動も出来ます。
  2. 心疾患の方は、負担設定を細かく設定できるので心拍数を測りながら運動ができます。
  3. 関節や靭帯などの整形疾患の方は、適正な負担で筋力トレーニングが効果的に行えます。
  4. 座った状態で歩行のシミュレーションができます。

バイオステップの様子
バイオステップの様子(富士見の里)

ページ先頭へ

言語聴覚

言語聴覚士とは?

 話す、聞く、表現する、食べる・・・
 誰でもごく自然に行っていることが、病気や事故、加齢などで不自由になることがあります。生まれつきの障害で困っている方もいます。
 言葉によるコミュニケーションや嚥下に問題がある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるように支援するのが言語聴覚のお仕事です。

個別訓練の様子
個別訓練の様子(ケアハイツ)
集団訓練「里の話」の様子
集団訓練「里の話(さとのわ)」の様子
(富士見の里)

失語症

 呼称訓練・・・名詞・動詞などの絵カードの絵を発語(換語)する
 音読訓練・・・文を読む練習等
 理解練習・・・聴く・読む練習等
 書字訓練・・・絵カードの絵を書字にて表現や模写

構音障害

 構音器官の運動・・・口唇・下・下顎・頬など顔面や口腔内の器官の運動
 構音訓練・・・五十音・単語・文などの発話練習

高次脳機能障害

 注意訓練・・・注意力の維持・分散などの練習
 学習療法・・・認知機能面に対する読み書き・計算等

摂食・嚥下障害

 摂食・嚥下訓練・・・構音器官の運動後、唾液・水・アイス棒・食物等を使用
 環境調整・・・周囲スタッフ・家族へのアドバイス・食事形態・自助具などの設定

食前体操

 ムセこみや誤嚥(食べ物や液体が食道ではなく気管に入ってしまうこと)の防止、嚥下障害の緩和を目的に行います。
 嚥下体操や発声練習を行い、筋肉をほぐし、唾液の出を良くします。

食前体操の様子
食前体操の様子(富士見の里)

ページ先頭へ