介護負担限度額の認定(居住費・食費の軽減)

 特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・ショートステイをご利用の方のうち所得の低い方は、居住費・食費の負担限度額が設定されています。

 ※介護保険負担限度額段階

第1段階…
生活保護受給者、老齢福祉年金のみ受給の方(生活保護受給の方は、施設にお問い合わせ下さい。)
第2段階…
世帯全員が住民税非課税で、合計所得金額と課税・非課税年金収入額の合計が80万円以下の方
第3段階…
世帯全員が住民税非課税で、合計所得金額と課税・非課税年金収入額の合計が80万円を超える方
第4段階…
第1段階、第2段階、第3段階以外の方

 ※預貯金など(現金、有価証券なども含む。)の金額が、
 配偶者がいる方は合計2,000万円超、
 いない方は1,000万円超お持ちの場合には、軽減の対象外になります。

 ※配偶者が住民税を課税されている場合には、世帯が分かれていても対象外になります。

1日あたりの料金(当法人該当箇所のみ掲載)
居住費食費
ユニット型個室多床室個室(老健)・
ユニット型準個室
第1段階820円0490円300円
第2段階820円370円490円390円
第3段階1,310円(820円)370円1,310円(820円)650円

 ※()内の料金はショートステイ
 ※第4段階の料金は地域などにより異なります。詳しくは各施設の料金ページをご参照下さい。
 ※詳細は、各市町村の介護保険担当にお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

自己負担割合(1割・2割)

 2015年8月以降、一部の方が2割負担となりました。

 対象となる方
 65歳以上の方で、合計所得が160万円以上あり、
 ・単身者で、年金収入とその他の合計所得金額が280万円以上
 ・2人以上の世帯で、年金収入とその他の合計所得金額が346万円以上
 (但し、例えば夫婦の場合で、夫の合計所得金額が280万円で妻の合計所得金額が66万円、合計346万円の場合、夫が2割負担で、妻は1割負担になる。

 ※詳細は、各市町村の介護保険担当にお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ