• トップページ >
  • 介護施設のご利用を考えている方へ 介護施設の種類と特徴

~介護施設にはその種類によって特徴があり、利用の方法も入所(入居)・ショートステイ・デイサービス(デイケア)等、色々な選択肢があります。~

介護施設の種類と特徴

特養と老健、ナーシングの違いについて

 ・特別養護老人ホーム(特養)は、身体や精神に重大な障害があり、常時介護を必要とする要介護3以上の方で、自宅での介護が困難な方が対象となり、入院を要する病状を抱えていない事が条件となります。入浴、排泄、食事介助などのサービスが受けられます。要介護1、2の方であっても、一定条件を満たす方はご入所が可能です。

 ・介護老人保健施設(老健)は病気や障害の症状が安定し、病院などから退院され、在宅復帰を目指しリハビリを行う方や、認知症などで在宅での生活が困難な方がご利用しております。
 理学療法士等の職員による専門的なリハビリが受けられる事と、常勤の医師が配置されており、看護師の配置も多いので、医療的な対応がある程度可能という事が、特養との相違点になります。

 ・当グループにおける「ナーシングホーム」の施設は、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等、様々な形態があります。これらの施設は事業母体によって様々な特徴がありますが、当グループの「ナーシングホーム」の施設に共通した特徴は、「全室個室で各自のライフスタイル重視」「医療に特化している」「特養並みのリーズナブルな料金」等です。トイレは各居室にあります。胃瘻の方等もご相談下さい。
 また、サービス内容、設備、職員数も特養並みで、施設によっては要支援でも受け入れ可能です。

ナーシングホーム受入態勢
インスリン:可胃瘻:要相談中心静脈栄養:可
在宅酸素:可ストーマ:可ペースメーカー:可
尿バルーン:可褥瘡:可透析:不可

 重度の認知症の方の受け入れ・ターミナルケアも可能。医療行為として人口透析以外であれば、入居相談承ります。

ページ先頭へ

ユニットケアについて

 ユニットケアとは、約10人のグループを一つのユニットとして、それぞれの個室と共有スペースを設けて、各ユニットごと特定の職員にてケアを行う方法です。

 ユニットケアには「集団ケアから個別ケアへ」「家庭に近い住環境」などの意味合いがあります。

 従来の集団ケアでは、画一的な流れ作業のケアに陥りやすいので、1人1人の個性を大切にしようという考え方と、家庭のように各個人のプライバシーが守られる個室と、家族の交流が図られる食卓・居間のような共有スペースを設け、職員も顔見知りで家族のような環境で生活して頂くという考え方があります。

 利用者様に配慮した形態である反面、設備や人員を従来よりも充実させる必要があるので、多床室より料金は割高になります。

ページ先頭へ

ご利用方法の種類について

 施設をご利用になる方法には、入所(居)・ショートステイ・通所などの種類があります。

 入所(居)は施設に長期間住むご利用方法です。特養の場合は「終の棲家」として利用される方が多いですが、老健の場合は在宅復帰するまでリハビリを行う施設という意味合いがあり、3ヵ月ごとに入所の必要性の見直しを行います。

 ショートステイ・通所は、普段は在宅で家族やホームヘルパー等から介護を受けている方が、家族が旅行などで出かける際にショートステイに2泊3日などで利用したり、日中仕事をしている間だけデイサービス(通所)に通ったりといった用途で利用します。また、気分転換や他者との交流といった意味合いや、介護疲れした家族のリフレッシュという側面もあります。

 特養の入所は要介護3、老健の入所は要介護1以上ですが、ショートステイ・通所は要支援の方でもご利用可能です。

ページ先頭へ

居宅介護支援ついて

居宅介護支援とは

 川鶴グループの中に、居宅介護支援を行っている施設があります。これは利用者様に介護サービスを提供するものではなく、平たく言うとケアマネジャーがケアプランを作成したり、事業所との連絡調整を行う業務のことを居宅介護支援と言います。

 正確には、次のようになります。
居宅(在宅)において日常生活を営むために必要な保健医療サービス又は介護保険サービスが適切に利用することができるよう居宅要介護者の依頼を受けて、心身の状況、置かれている環境、要介護者及びその家族の希望を勘案し、居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成や、サービス事業者との連絡調整、必要な場合には介護保険施設の紹介等を行ないます。

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは

 居宅において自立した生活の継続のために、また要介護状態の悪化の予防に資する事を目的とし、適切なサービスが総合的・効率的に提供されるように支援し、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職です。

 介護支援専門員が行う相談、計画作成に関わる料金につきましては、要支援・要介護認定を受けられた方は介護保険から全額給付されるので自己負担はありません。お気軽に御相談下さい。

ページ先頭へ