川鶴グループ基本方針

高齢者を社会の発展に貢献された方として敬愛する。

 私たちは、利用者様を社会の発展に貢献された方として敬愛し、人権の擁護、尊厳が維持されるよう、公平且つ公正なサービスの提供を行います。

健全で快適な生活環境を創造する。

 私たちは、利用者様の主体性、個性を尊重し、その価値観や生活環境に基づいた生活が維持され、自己選択や自己決定が出来るよう支援します。

 私たちは、安心、安全、清潔の介護を念頭に、快適に生活できる場を提供し、利用者様中心、利用者様本位のサービス提供に努めます。

高齢者福祉の増進に寄与する。

 私たちは、利用者様の社会参加の機会を広げるとともに、地域社会の一員としての自覚を持ち、地域住民との福祉、介護関連分野の交流を強化し、地域に貢献します。

 私たちは、介護の原点は「優しさ」と心得、利用者様への的確な支援、介護を行うために専門性の向上と倫理の確立に向けて、自己研鑽します。

ページ先頭へ

理事長あいさつ

※あいさつ文は平成24年1月1日当時のものです。

当法人は平成元年に医療法人恵雄会川鶴クリニックとして、川越市下広谷の地に産声を上げました。以来、平成の歴史とともに20年余、地域における医療、福祉の充実、発展に力を注いでまいりました。

医療法人 恵雄会におきましては、19床の有床診察所からスタートし、平成10年には川越市東部に100床の介護老人保健施設、平成15年17年にも富士見市、ふじみ野市に同規模の介護老人保健施設を立ち上げております。

また、社会福祉法人相愛福祉会においては平成10年に同じく川越市東部に特別養護老人ホームすみれの里・川越を開設して以来、平成16年、18年、20年とふじみ野市、川越市、富士見市に特別養護老人ホームを開設してまいりました。

 今後、埼玉県は国内一番の速さで高齢化が進んでいくと予想されております。その埼玉県西部の医療・福祉の主要拠点として地域住民の皆様に支えていただきながら、地に足をつけ着実に前進してまいりたいと考えております。

 高齢者の方々を社会の発展に貢献された方として敬愛し、お一人おひとりがその人らしく生きる喜びを感じられるよう、真心のこもったサービスを提供し、皆様の暮らしを支えていく所存でございます。

 今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 理事長 相原 吉雄

ページ先頭へ